社内でのクラウドストレージの利用をおすすめします

クラウドストレージはかつて非常に小さな容量しか保存できませんでした。
しかし、取り扱っている容量も少なかったのでそれほど問題は発生していなかったという事情があります。
ところが、動画を当たり前のように扱うようになってからは状況が一変しています。
現代ではテラバイトを超えるような容量が保存できるようになってきました。
ストレージの歴史とはつまり使用するデータの大きさへの対応でもあります。
これからも進化は続いていきます。

クラウドストレージの歴史

クラウドストレージの歴史 クラウドストレージにはかつて文書などが保存されることがほとんどだったので容量は1ギガバイトほどでも十分でした。
しかし、徐々に画像や動画なども保存されるケースが増えていきました。
また、電子機器の性能が向上するにつれて動画や画像の画質が向上し、容量も拡大しています。
そこでクラウドストレージはその何百倍も保存できるように進歩していきました。
これがクラウドストレージの歴史です。
電子機器が進歩を続ける限り、使用される容量は拡張の一途をたどると思われます。
それに対応できるようにクラウドストレージの拡大は続いていきます。
加えて利便性も高まっているという特徴があります。
誰もが使いやすいサービスが提供されていきます。

インターネットがあれば使えるクラウドストレージ

インターネットがあれば使えるクラウドストレージ インターネット上にはクラウドストレージと呼ばれるサービスがあります。
これはパソコンやスマートフォンのデータを保存できるサービスで、個人から法人まで対応しているのが特徴です。
メリットはかなり多く自宅のパソコンや会社のパソコンは本体ストレージに容量限界があるのですが、クラウドストレージはそれがありません。
つまりほぼ無制限でデータ保存できるのが特徴なので使い勝手が優れているのがメリットです。
料金は無料のものだと容量制限がありますが、有料だと料金プランにより大容量が利用できます。
有料だとほぼ無制限のないようなので大規模なデータを扱う企業にとっては重宝します。
保存したデータはデータセンターに格納されていて、ここは災害に強い作りをしているので安心です。
地震や洪水に強いため大切なデータをしっかり守ってくれます。
インターネットがあればどこでも利用できるのが特徴、会社からクラウドストレージにデータを保存して自宅のパソコンから取り出す事可能です。
アクセスするにはIDとパスワードを使うため、覚えておけばいつでも利用できます。
自社サーバーを作るよりもイニシャルコストを大幅に削減できるのもクラウドストレージの魅力です。

クラウドストレージ関連サイト

コスパNo.1の法人向けクラウドストレージ